脱毛倶楽部

なんで脱毛は肌荒れしやすくなるの?

自分で行なう脱毛の場合は、どれほど注意を払っていても強い刺激を与えてしまいます。そして無理やり毛を抜くことで毛穴の内部に傷がついて、体液が出ることもあります。その体液も含めて抜いた後の毛穴には不純物が詰まってしまい、肌荒れへと繋がります。 またサロンや医療機関でレーザーや光を用いた脱毛のメカニズムは、毛が持つメラニンに反応させて発毛組織を破壊するものです。ただメラニン色素は毛だけにあるわけではなく、肌にも毛と比べると非常に少ないですが存在します。そのためダメージは受けてしまうため、反応して肌荒れになってしまうわけです。毛だけを狙って光線を照射するというのも不可能です。これらの反応には個人差があり、普通レベルの強さでも肌荒れが酷くなってしまう人もいます。サロンではそれらの点を踏まえて、機械を使い分けることもあります。

脱毛店によってはアフターケアがある

脱毛の施術は肌にダメージを与えて、そのままでは肌荒れを始めとした不調が起こるのは脱毛点では周知の事実です。なのでほとんどのお店では脱毛後にアフターケアが行なわれます。 主なアフターケアの内容は、保湿とクールダウンが主です。潤いには肌を外的刺激から守る役割もあり、敏感になった肌には欠かせません。そして施術では熱が発生して水分をある程度蒸発させる上に、汗が上手く分泌されないことも多いので、外から補う必要もあります。 また脱毛直後の肌は軽度の炎症を起こしている状態に近くなるので、適度に冷やすことでダメージを防ぎます。主に使用される冷えたクリームは、その両方の効果を持っています。医療レーザーを使用した脱毛であれば、医療機関だからこそ処方できる抗炎症薬が使用されることもあります。

大切なのは日常の肌ケア

脱毛直後だけでなく、施術を受けた肌は少なからず敏感な状態が続きます。なので肌荒れを防ぐためには、極力刺激からは守らなければなりません。ヒゲを薄くする程度に留めておく場合は日頃のお手入れでより遣う必要があります。また特に紫外線は目に見えないため、気付かない内に肌を傷めてしまう可能性が高いです。道具を使用して髭を紫外線から守るのは困難なので、ケア用品を使いましょう。 そして乾燥から防ぐことも大切です。肌は健康な状態だと内側から次々と新しい組織が生まれてきて、常に新しい状態を保つことができます。しかし乾燥しているとその機能が上手く働かなくなり、いつまでも古い組織が留まる状態になります。そうなると肌荒れが起こる確率も上がります。脱毛で傷んだ肌を正しいサイクルで健康な状態へと導くためには、日頃の保湿が肝心です。