脱毛倶楽部

麻酔が使えるのは医療脱毛

ヒゲ脱毛といえば、痛みを伴うのが良くあるイメージで、痛みを嫌って避けてしまう人が案外多いです。 数あるヒゲ脱毛の中でも、医療脱毛は麻酔が使えますから、気になる痛みがなく安心して施術が受けられます。 医師や医療機関のスタッフが施術してくれますし、設備や対応力が備わっているので安心です。 肌の状態を見ながら施術を進めたり、状況に応じて適切な対応が取られるなど、まさに理想的な脱毛の選択肢だといえるでしょう。 麻酔があれば施術中の痛みはありませんし、施術後も痛みに関するケアがあるので心配無用です。 むしろ、医療機関以外の脱毛はもしもの時の対応力がやや劣るので、そういう意味では麻酔が使える医療脱毛に軍配があがります。 脱毛作用という意味でも、医療脱毛は強力な施術が行なえますから、施術後の変化に期待することができます。

麻酔の種類によって変わる効果

麻酔は種類によって現れる効果が違い、医療脱毛でも適切な種類が選択されています。 全身麻酔は最も有名なタイプで、口や鼻からガスを吸入したり、吸入後数秒程度で意識を失うのが特徴です。 麻酔が効いている間は意識が全くないので、痛みを感じる心配は全くないです。 ただ、このタイプは大掛かりな外科手術に用いるものなので、医療脱毛で用いられるものとは違います。 脱毛の部位によっては、注射で部分的に感覚を損なわせ、それで施術を進めやすくする場合もあります。 効果の範囲が限定されますし、持続時間も決まっているので、脱毛の際に用いられることも少なくないでしょう。 しかしヒゲ脱毛には大げさですから、一般的には塗って感覚を麻痺させるクリームタイプが主流です。 クリームなので適用部位が明確に分かりますし、ピンポイントで効果が適用できるので、コスト的に無駄がないのがメリットです。

大切なのは日常の肌ケア

ヒゲ脱毛はやはり初めての人には怖いもので、特に痛みが施術の妨げになりがちです。 また、どのような手順で何をするのか、その点が分からないのも不安の増幅に結び付きます。 施術の前には、必ず医師とのカウンセリングの機会がありますから、気になることはそのタイミングで尋ねることをおすすめします。 分からないことは聞く、それが不安を解消する一番の方法で、安心してヒゲ脱毛を受ける切っ掛けとなります。 麻酔についても詳しく教えてもらえますから、取り敢えずカウンセリングで相談だけでもしてみるのが良いでしょう。 納得してから施術が受けられる、これこそがヒゲ脱毛の原則なので、気になることはやはりカウンセリングで聞くのがベストです。 どうしても納得できないことがある場合は、他の医療機関に訪れてセカンド・オピニオンを受けてみるのも良い方法です。