脱毛倶楽部

女子受けを考えるなら永久は微妙

毎日のヒゲ剃りは時間的にも負担がありますし、お肌への負担も大きいものです。ヒゲ剃りから解放されたくて脱毛をする男性も今はたくさんいます。永久脱毛をしてしまえばヒゲ剃りや肌荒れからも解放されて快適ですが、実は女子受けはあまり良くないのが事実です。濃すぎるヒゲは女子受けが良くないのは確かなのですが、あまりにつるつるにしてしまうと返って女子受けは良くはありません。女性は体毛がなさすぎる男性が好きではないものです。 つるつる過ぎると男性は若い印象になりますし、年齢と共に自分の好みが変わりヒゲを生やしたくなる時もあるでしょう。途中でヒゲを生やしたいと思っても永久脱毛をしてからでは遅いです。 自分が満足できるのはヒゲが全くない状態だとしても、女子受けを考えての脱毛なら永久脱毛だけではなく全体量を減らす方法や部分脱毛が向いています。

目指す理想は清潔感のあるヒゲ

ヒゲが濃くて、朝剃っても夕方にはチクチクしてくるようなヒゲは不衛生に見えてしまいがちです。ヒゲは生えているからいけないというわけではなく、生えていても好感の持てるヒゲの人はたくさんいます。つまりヒゲに関しては永久脱毛が正解ではないのです。男性の脱毛はまだ一般的ではありませんので、ヒゲが全くないと違和感を感じる人も少なくはありません。 男性らしさを維持したまま脱毛をするのなら、理想は清潔感のあるヒゲなのです。ヒゲというのは毛深い人だと頬全体に生えている場合や、もみあげとヒゲがつながっているような場合などがあります。確かに男性らしさは感じられますが、さすがにここまで生えていると清潔感は感じられません。清潔感がある状態に残したいのなら、顎の一部分だけ、鼻の下に少量を残すなどの整え方が理想的です。

デザインを決めてからお店を選ぼう

形を整えたデザインヒゲの脱毛をするには、まずどのようなデザインにするかを決めなくてはいけません。はっきりと決まっていない状態でお店に行ってしまうと、カウンセリングも時間がかかってしまいます。量が多すぎる人は減毛する脱毛もできますし、男性的なカッコイイ形のヒゲにすることもできます。男性専用のお店ならデザインヒゲの脱毛にも対応しています。 まず自分がどのようなデザインにしたいのか、憧れの芸能人などを参考に考えてみましょう。ヒゲのカッコイイ俳優さんも数多くいます。また自分にその形のヒゲが似合うかどうかもシミュレーションしてみるのも良いでしょう。実際に自分のヒゲを理想的な形に整えてみて、似合うかどうか周囲に意見を求めてみることです。しっかりとデザインが定まってから、脱毛するお店を選べば失敗せずに済みます。